【随時更新】NBA八村塁のスタッツとハイライト(2019-2020レギュラーシーズン)

シェアする

出典:https://www.instagram.com/p/B4A6HArHoIP/

2019年10月23日、ついにNBAの2019-2020レギュラーシーズンが開幕。

ここでは、バスケファンの僕が、今後の活躍を期待してやまない八村塁の試合ごとのスタッツとハイライトを随時記録していきます。

日本初のNBAドラフト1巡指名プレイヤー、八村塁。その凄さやプロフィールについてはこちらの紹介記事をご覧ください↓

ただただ、八村塁の凄さを知ってほしい。

3月

2日 vsウォーリアーズ

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
29:4715814/8(50)00
Highlights: Rui Hachimura vs. Warriors – 03/01/20

第3Qだけで10得点を挙げた八村。

前半好調だったブラッドリー・ビールが、後半は押さえ込まれるも、八村やダービス・ベルターンスが得点を伸ばしました。

124対110で快勝です。

4日 vsキングス

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
30:1320636/9(66.7)20
3月3日 八村塁 20得点、6リバウンド!対 サクラメント・キングス

八村は後半だけで16得点。

これまでの八村はゲーム前半に得点が集中していましたが、前戦、今日と後半での活躍が目立っています。

ウィザーズは一時28点差をつけられ、そこから同点まで追い付く粘りを見せましたが、追い越すことは出来ず。

126対133で敗戦です。

5日 vsブレイザーズ

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
28:3111444/11(36.4)10
3月4日 八村塁 11得点、4リバウンド!対 ポートランド・トレイルブレイザーズ

今日はブロックされるシーンが多く、シュート確率は36.4%と伸び悩みました。

カーメロ・アンソニーとのマッチアップも実現し、ファンには嬉しい一戦でありました。

試合は終始リードを許す展開で104対125で敗戦です。

7日 vsホークス

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
33:523820/6(0)10
3月6日 八村塁 3得点、8リバウンド!対 アトランタ・ホークス

得点はフリースロー3本。フィールドゴールは0本に終わりました。

リバウンドはチームハイを記録。特に終盤、積極的にオフェンスリバウンドに絡みました。

118対112で勝利し、ここまで23勝39敗です。

9日 vsホークス

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
39:330630/8(0)00
3月8日 八村塁 0得点、6リバウンド!対 マイアミ・ヒート

前戦同様、ディフェンスでは奮闘していますが、オフェンスでの不調が目立ちます。

今日はフリースローももらえず0得点に終わりました。

試合は89対100で敗戦です。

11日 vsニックス

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
29:3512724/6(66.7)02
3月10日 八村塁 12得点、7リバウンド!対 ニューヨーク・ニックス

ダンク3発を含む12得点。

直近2試合は得点面で不振でしたが、すぐに取り戻してくれ、安心しました。

逆転を繰り返すゲーム展開も、チームは122対115で勝利をつかみました。

コメント

  1. Masumi Nishida より:

    もし、良かったら八村塁のみのプレイをAIでカットしたので、見てみてくださいー。

    • ジャーナログ より:

      コメントありがとうございます!

      YouTube やられているのですね。概要欄にスタッツが詳しく記載されていて、とても良いと思います。
      八村塁以外にも様々な選手の動画があり、NBAファンにはたまらないチャンネルですね!

      今後は随時チェックさせていただきます(^^)