【随時更新】NBA八村塁のスタッツとハイライト(2019-2020レギュラーシーズン)

シェアする

出典:https://www.instagram.com/p/B4A6HArHoIP/

2019年10月23日、ついにNBAの2019-2020レギュラーシーズンが開幕。

ここでは、バスケファンの僕が、今後の活躍を期待してやまない八村塁の試合ごとのスタッツとハイライトを随時記録していきます。

日本初のNBAドラフト1巡指名プレイヤー、八村塁。その凄さやプロフィールについてはこちらの紹介記事をご覧ください↓

ただただ、八村塁の凄さを知ってほしい。

12月

2日 vsクリッパーズ

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
38:26309313/23(56.5)10
12月1日 八村塁 30得点、9リバウンド!対 ロサンゼルス・クリッパーズ

カワイ・レナード、ポール・ジョージのWエース率いるクリッパーズとの一戦。

38分のプレー時間を与えられた八村は、30得点9リバウンドと躍動。このスタッツはともにチームハイであり、今日の八村はチーム一の活躍を見せました。

しかし、ウィザーズはクリッパーズのWエースに計65点取られ、125対150で惨敗。

4日 vsマジック

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
38:3015646/12(50)00
12月3日 八村塁 15得点、6リバウンド!対 オーランド・マジック

ウィザーズのセンター陣の怪我が重なり、代わりに初めてセンターとして試合に出場した八村。

体格で勝る選手を相手にブロックされるシーンも見られましたが、15得点を記録しました。

試合は120対127で惜敗です。

6日 vs76ers

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
42:31277011/18(61.1)20
12月5日 八村塁 27得点、7リバウンド!対 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

20戦目は、NBA屈指のセンター、ジョエル・エンビート率いる76ersとの対戦。

自身最長の42分間プレーした八村は、チームハイの27得点を記録。

第2Qに40対22と大きくリードしたウィザーズは、その後も逃げ切り、119対113で今季7勝目です。

7日 vsヒート

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
39:1114626/15(40)10
Rui Hachimura Highlights – Wizards at Heat 12/6/19

昨日に続き2日連戦のウィザーズ。

八村はこの試合3本のダンクを決め、計14得点。5試合連続で2桁得点をマークしており、安定的な活躍を見せています。

チームは一時11点のリードを奪うも、後半失速。103対112で敗れました。

9日 vsクリッパーズ

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
37:2417745/14(35.7)00
Highlights: Rui Hachimura vs. Clippers – 12/8/19

八村は、チーム最長のプレー時間でチームハイの7リバウンドを記録しました。

試合は、前半を64対65の五分で折り返すも後半に差をつけられ、119対135で2連敗です。

11日 vsホーネッツ

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールアシスト
32:48181227/16(43.8)10
12月10日 八村塁 18得点、12リバウンド!対 シャーロット・ホーネッツ

ここ5試合全て40分前後の長いプレー時間でチームに貢献してきた八村。比べて、今日は33分のプレー時間にもかかわらず、18得点、12リバウンドと開幕戦以来のダブルダブルを達成しました。

試合は、今日32得点を記録したデイビス・ベルターンスの活躍などで第4Qまで接戦となるも、最後に逆転を許して107対114で敗れ、3連敗です。

15日 vsグリズリーズ

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
28:4010404/10(40)00
12月14日 八村塁 10得点、4リバウンド!対 メンフィス・グリズリーズ

渡邊雄太が2way契約を結んでいるメンフィス・グリズリーズとの一戦です。NBA史上初の日本人対決が実現しました!

共演したのは1分9秒という短い時間でしたが、両者がマッチアップするシーンもあり、まさに歴史的瞬間でした。

八村は8試合連続となる2桁得点を記録しましたが、ウィザーズは111対128で敗戦です。

17日 vsピストンズ

出場時間得点リバウンドアシストFG(%)スティールブロック
17:017203/4(75)00
12月16日 八村塁 7得点、2リバウンド!対 デトロイト・ピストンズ

開幕25戦目。

前半終了間際、八村にアクシデントが。リバウンドを争う場面で仲間の足が八村の股間に直撃。

後半は八村の出場はありませんでした。

試合は133対119で快勝し、連敗脱出です。

※その後、八村は今後少なくとも5試合は欠場することが発表されました。

コメント

  1. Masumi Nishida より:

    もし、良かったら八村塁のみのプレイをAIでカットしたので、見てみてくださいー。

    • ジャーナログ より:

      コメントありがとうございます!

      YouTube やられているのですね。概要欄にスタッツが詳しく記載されていて、とても良いと思います。
      八村塁以外にも様々な選手の動画があり、NBAファンにはたまらないチャンネルですね!

      今後は随時チェックさせていただきます(^^)