Amazonで安く買ったワイヤレスイヤホン、20時間再生は本当なのか?【検証&レビュー】

シェアする

こんにちは、大学生雑記ブログのジャーナログ(@journalog8810)です。

今回は、先日僕がAmazonで、「20時間連続再生」という文句につられて買ったワイヤレスイヤホンをレビューします。

Amazonにはワイヤレスイヤホンが無数に存在していまして。どれを買ったら良いかとても分かりづらいので、その判別の助けになれば幸いです。

果たして、20時間再生は本当なのでしょうか……!?

スポンサーリンク

インナーイヤー型のワイヤレスイヤホン

僕が購入したのはこちら↓

GinovaというメーカーのBluetoothイヤホンです。

約3,500円。

まずは写真でざっと紹介。

磁石でくっつきます。

付属品。

取扱説明書に書いてある仕様

はい。こんな感じです。

完全ワイヤレスイヤホンではなく、首にかけるタイプのやつです。無くすのが怖いので。笑

僕はカナル型のイヤホンが苦手なので、インナーイヤー型のものを選びました。

連続再生時間は?

「20時間連続再生」とうたってるこの商品、果たしてその機能は本当なのか……

使用時間を測って検証してみました。

出来る限り正確に測るために、今回は大学の通学時間のみでイヤホンを使用。2週間かけて検証しました。

僕の電車通学時間は片道2時間超なので、こんな検証にはもってこいですね。

通学に往復4時間半を費やしている僕の経験をもとに、通学時間の活用法について考えてみました。

だいたい行きで1時間使用し、帰りで2時間使用するように調整しました。

結果。

僕は現在、週3で大学に行っているのですが、約2週間充電なしでイヤホンを使い続けることができました。厳密にいうと2週目の3日目の行きの電車でちょうど充電がなくなりました。

計算するとこうなります。


行き1時間 + 帰り2時間 = 1日3時間

週3日使って2週目の3日目の行きで切れたので、使用したのは、

3時間 × 5日間 + 行き1時間 = 16時間


はい。

20時間再生はうそでした〜〜〜‼️

まぁでも、16時間もの間充電なしで使えるという点は事実であり、感動しましたね。何しろ、前に2,000円くらいで買って使ってたワイヤレスイヤホンは大学に2日間行くだけで電源切れてましたから。笑

こういう完全ワイヤレスじゃない安めのBluetoothイヤホンって普通、そんなに再生時間長くないですよね。5〜8時間くらいのものも多いです。

なので、それに比べたら、(きっかり20時間はうそだとしても)16時間再生という機能はこのイヤホンの魅力でしょう。

例えば、片道1時間通学の人が通学中フルでイヤホンを使い続けたとしても、8日は充電なしで使えますからね。

僕のような長時間通学者の人には特におすすめしたいイヤホンです。

耳が全然疲れない

やはり、インナーイヤー型は良いです。

長時間続けて使っても全く耳が痛くなりません。

個人的に、カナル型のゴム製イヤーピースが本当に好きじゃなくて。あの耳の奥深くに差し込んで密閉する感じが嫌なんですよね。

音は比較的よく聞こえますが、長時間使うと耳が痛くなってくるし。

もともと、僕はiPhone付属のイヤホンを長い間使っていたので、その影響もあるかも知れません。

イヤホンの世界ではカナル型の方が主流みたいで、完全ワイヤレス“じゃない”Bluetoothイヤホン、かつ長時間連続再生機能、かつインナーイヤー型ってかなり希少。

この軽いかけ心地はインナーイヤー型ならでは❗️

その他

あとはまぁ普通のBluetoothイヤホンです。

ペアリング(Bluetooth接続)はボタン1つで簡単に出来ます。

フル充電までの時間は2〜3時間くらい。

汗や雨程度の水は防ぐIPX5という防水機能も付いています。

音質についてはよくわかりませんが、iPhone付属のものとあまり変わらないと思います。

シンプルな黒のデザインも僕の好み。

一つだけ気になる点を挙げるとすれば、動画とか見るときに若干音が遅れて聞こえる時があります。でも、音楽を聴くのであれば全然問題なしです。

何しろ、このレベルのイヤホンが3,500円という値段で買えるのは嬉しいですね。

まとめ

今回は、Amazonで買ったワイヤレスイヤホンの検証&レビュー記事でした。

「20時間連続再生」に怪しみながらもつられて買ってみましたが、実際は約16時間でした。

僕としては、20時間はあり得ないと思っていたので16時間でも大変満足です。

長時間再生・インナーイヤー型・安価という条件のそろったワイヤレスイヤホンは中々ないと思うので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク