八村塁と僕の共通点。そこから分かる八村塁の凄さ。

シェアする

出典:https://www.instagram.com/p/B1Q0e4rFd0i/

今、日本のバスケ界が熱い。

今年のNBAドラフトにてワシントン・ウィザーズから1巡目9位指名を受けた、八村塁の存在だ。

また、八村塁以外にも渡邊雄太馬場雄大など、レベルの高い日本のバスケ選手が何人も出てきたことが、その要因といえる。

中学・高校とバスケを続けてきたバスケファンの一人として、こんな状況に興奮しないわけにはいかない。

中国でのW杯も始まり、“過去最強”の日本代表チームが世界各国の強豪チーム相手に、どんなゲームを展開してくれるのか、楽しみは増すばかりだ。

今回は、そんな最近大注目のバスケプレイヤー八村塁と僕を比べるという、なんとも自己満な記事である。

本当は、ただ八村塁を紹介する記事にしようと思ったのだが、そんなページはネットにいくらでもあるので、何か自分なりの記事は書けないかと考えた結果、このテーマが浮かんだ。

では、いこう。

関連記事↓

ついにNBAの2019-2020シーズンが開幕。八村塁の試合ごとのスタッツとハイライトを随時記録していきます。
スポンサーリンク

八村塁のプロフィール

まずはプロフィールから。

View this post on Instagram

一年生

A post shared by Rui “Louis” Hachimura 八村 塁 (@rui_8mura) on

  • 生年月日 : 1998年2月8日
  • 身長 : 203cm
  • 体重 : 107kg
  • ウイングスパン : 218cm
  • 出身 : 富山県

うん。でかい。

NBAの平均身長は約200cmと言われているが、それを上回る体格。体重もしっかりあり、ウイングスパンは身長より15cmも長い。

母親が日本人で父親がベナン人のハーフ

小学校では6年間野球を続け、陸上でも活躍していた。

しかし、中学では周りの勧めによりバスケ部に入部。当時は初心者だったものの、3年次にはチームを全国準優勝に導くまでに成長。

高校はバスケの名門に進学すると、1年生の頃から活躍を続け、ウィンターカップ3連覇を達成する。

大学はアメリカのゴンザガ大学に渡米。本場アメリカで練習を積み、3年目にはチームの主要メンバーとしてプレーする。

そして今年(2019年)6月、NBAドラフトにて1巡目全体9位でワシントン・ウィザーズに指名される。

NBAとはアメリカのバスケ最高峰リーグのことで、そのドラフトの1巡目に選ばれるということは、とんでもなくすごいことである。

もちろん、日本人で過去にこの偉業を成し遂げた人などいない。

いやぁ〜、すっごいわ。すごいとしか言えん。

成長スピード早すぎて笑える。

では次に、僕のプロフィールと比べた上で、そのすごさを知ってほしい。

僕のプロフィール

中学時代
  • 生年月日 : 1998年7月15日
  • 身長 : 180cm弱
  • 体重 : 68kg
  • ウイングスパン : 188cm

日本人にしてはでかい方。でも八村塁と比べるとチビ。

母親が日本人で父親が日本人のもちろん日本人。

幼稚園時代から水泳を始め、小学6年まで続ける。

中学では男子の部活が野球・サッカー・バスケ・卓球しかあらず、消去法でバスケ部に入部。同学年の部員は自分合わせてなんと3人。経験者も皆無のまさに弱小チーム。自分の代では部長として頑張るも、最後の大会では虚しく初戦敗退。

「小学生の頃からミニバスをやってればなぁ」と言い訳と後悔。

地元の高校に進学し、バスケ部を継続。中学よりは強かったが、1回戦では圧勝して2回戦ではボロ負けするという例年の結果を変えられず。

大学では一応バスケサークルに入るも次第に行かなくなり、今では大学の外コートにて月に2〜3回シューティングで遊ぶ程度。

共通点

2つある。

同い年

共に1998年生まれの現在(2019年)21歳。

八村塁に限らず、この代は素晴らしいアスリートが多い気がする。

スノーボードの平野歩夢や格闘家の那須川天心は特に有名だ。

最近ではゴルフの渋野日向子が全英女子オープンで優勝を果たし、一躍スターになった。

1つ年は違うが、女子テニスの大坂なおみも、現在21歳だ。

同年代の人が世界を舞台に活躍してるのを見ると、本当にワクワクするし、その凄さを感じる。

中学からバスケを始めた

驚きだが、八村塁はミニバスをやっていなかったらしい。

小学校では野球に没頭しており、その腕前もかなりのものだったとか。多分、野球の道に進んでも一流の選手になっていたんだろなぁ。

中学からバスケを始めた人なら、小学校からミニバスをやってた人との違いはよく分かるだろう。

1年でも2年でもその経験の差は大きい。シュート、ドリブル、動き。あらゆるプレーで、ミニバス経験者との差を痛感する。

僕の中学の場合、自分含め全員が初心者だったから、本当に一から練習である。半年は経たないとゲームにもならない。

中学から始めたにもかかわらず、中3で全国準優勝を果たした八村塁のすごさが分かるだろうか。

ただ身長が高いだけでは、到底無理な話である。

八村塁の凄さとは

第一に、成長スピード

先ほども述べた通り、中学から始めたにもかかわらず、高校・大学と成長を重ね、今ではNBA選手という事実。

この事実だけ見ても八村塁の凄さは計り知れない。

この驚異的な成長スピードを考えると、今後はどんな活躍をしてくれるのだろうか。

ぜひNBAでも驚きの成長を見せて欲しい。

第二に、体格・身体能力

やはり、2m&100kg超の体格は恵まれてると言える。

手の長さや筋肉のつき方もハーフ特有のものがあり、その身体が持つ身体能力は圧倒的だ。

高い跳躍から繰り出されるダンクやブロックは見るものを魅了する。

第三に、コミュニケーション能力

これは意外に思う人もいるかもしれない。

八村塁は、大学進学のためにアメリカに渡った当初は、英語が喋れなかったらしい。

しかし、現在はネイティブと同じように英語で会話をしている。

僕も英語を勉強すると1人として、バスケ以外のこういう面にはとても尊敬するし、凄さのひとつだと思う。

また、最年少にもかかわらず日本チームを引っ張ったり、気さくにチームメイトとコミュニケーションをとったりできる点は、彼の魅力だろう。

【英語】八村塁とキリアンティリー、地元メディアに出演【ゴンザガ大学】

まとめ

今回は、八村塁を紹介すると共に、僕と比べることで、彼の3つの凄さをお伝えした。

バスケファンだけでなく、多くの人に八村塁の存在を知ってもらいたいと思う。

彼の今後の活躍に注目だ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク