コスパ最強の竹製テナーウクレレ・レビュー

シェアする

こんにちは、ジャーナログ(@journalog8810)です。

いや〜、またウクレレが増えました。笑

今年9月に迎えるウクレレ歴3年記念を機にちょっと良いウクレレを買おうか…、

(それまで新たにウクレレは買わない…‼︎)

という思わくだったのですが…、

Amazonセールを発見してしまったのと、自分事ながら7月は誕生月ということもあり、ポチる手を抑えられないのでした。笑

ということで、竹製テナーウクレレ、レビューします!

AKLOT 竹製ウクレレ レビュー

スペック・価格

●サイズ:テナー

●ボディ素材:

●フレット数:18(14フレットジョイント)

●弦高:3ミリ

●ペグ:ギヤペグ(18:1)

●価格:7,999円

Amazon

価格は7,999円ですが、Amazonセールで僕は6,399円で購入できました♫

AKLOTというメーカーのウクレレです。

全貌

ボディ、ネック、指板、ブリッジまで、オールバンブー(竹)のウクレレです。

竹ならではの白黄色っぽい色が珍しくて目を引きます。

ボディ

カッタウェイ仕様のボディです。

ハイフレットの演奏性を考えると、カッタウェイは嬉しいですね〜。

(カッタウェイなしの仕様もあります)

指板・ネック

オールバンブーなので、指板も竹製です。

14フレットジョイントで、合計18フレットまであります。

ポジションマーク、サイドポジションマークは共に、5・7・10・12・15フレットに打たれています。

低価格のウクレレはサイドポジションマークはないものもあるのでありがたいですね。

ヘッド・ペグ

スロテッドヘッドに、メーカーロゴが黒で刻印されています。

黒とゴールドのギアペグのカラーもいい感じです。

個人的にスロテッドヘッドはカッコいいので好きです。笑

弦・弦高

何の弦が使われているかの記載はなかったのですが、おそらくアクイラのナイルガット弦だと思われます。

しっかりハリのある音を出してくれる弦です。

弦高は3ミリと一般的なセッティング。

ソロを弾くなら、もう少し弦高が低いと弾きやすいですね〜。

その他

ネックヒールとボディ下部の2箇所にストラップピンが標準搭載です。

サドルがセットバック加工されています。

音程を安定させるための加工ですが、この価格でこの仕様なのは嬉しいですね!

付属品

グレーのソフトケースが付いてきます。

大きめのポケットとダブルショルダーのストラップ付き。

ケースに収納するとこんな感じ。

ケース以外の付属品です。

  1. クリップチューナー
  2. 湿度調整機
  3. ストラップ
  4. ピック

始めてウクレレを買う人にとって、チューナーは付いていると嬉しいですよね。

さすがに7本もウクレレを買っていると、チューナーも増えてきました。笑

湿度調整機は初めて見ましたが、使う機会があるかは謎です。

サウンドホール上の弦に引っ掛けて装着するみたいです。

立って演奏するときはストラップがあると安心しますね。

ピックは個人的に使わないですが、5枚も付いてきました。笑

音色〜弾いてみた感想〜

さて、ざっとスペックや見た目を紹介してきましたが、肝心なのは音色です。

試奏動画を撮ってみましたのでお聴きください〜♫

【試奏】AKLOT 竹製ウクレレ カッタウェイテナー

う〜ん、なかなかこれが。

想像以上に温かみのある良い音がします。

竹ってなんか硬いイメージなので、音もパリッとした硬い印象の音なのかなとイメージしていましたが、

いい意味で予想を裏切られました。

弦によっても音は変わると思いますが、竹製ウクレレの音色、なかなか良いです。

安価だからといって弾きにくくもなく、音が詰まるようなフレットもありません。

音量はテナーウクレレとしては標準的だと思います。

弾き込んでいくとまたどんな音色に変化するのか、楽しみですね〜。

まとめ

以上、僕が7本目に購入したウクレレ「AKLOT 竹製ウクレレ」のレビューでした!

珍しい材のテナーウクレレをお探しの方、要チェックです!!

↓カッタウェイ仕様

↓カッタウェイなし仕様

シェアする

フォローする