家でコーヒーを楽しむためのおすすめ器具5選

シェアする

こんにちは、ジャーナログ(@journalog8810)です。

コーヒー好きな人、多いですよね。

僕も、もれずにそんなコーヒー好きの一人です。

母親が大のコーヒー好きだったこともあり、小さい頃から家の食卓にはコーヒーが常連でした。

そして、社会人になって一人暮らしを始め、「スペシャルティコーヒー」という存在を知ってからは、さらにコーヒーにハマっています。

今は週5くらいで、コーヒーを自分で淹れて楽しんでいます。

少し多めに淹れて、2日に分けて飲んだりもするので、ほぼ毎日コーヒーは飲んでるかも知れません笑

今回は、僕が個人的に買ってみて&使ってみて、「これはおすすめだ!」というコーヒー器具を5つ紹介します☕️

おすすめのコーヒー器具5選

1.スケール(計量器)

「コーヒースケール」というコーヒー用のスケールがあります。

コーヒーを淹れる時の「量」と「時間」は、コーヒーの味を決める超重要な要素でして。

この2つを同時に測れる便利なものがコーヒースケールというわけです。

正直、普通のスケールとタイマーがあれば代用は効きます。

が、

  • 0.1g単位で測れる
  • 「量」と「時間」を同時に一つの器具で測れる

という点で、コーヒースケールはとても便利です。

これがあれば料理にも使えるので、スケールを持ってない人はぜひとも買いな商品です!

2.注ぎやすい電気ケトル

ドリップでコーヒーを淹れるには、注ぎやすいケトルがあると良いです。

注ぎ口が細くなっていて、湯量の細かい調節が効くようなやつですね。

写真は1年くらい前にAmazonで買って、今はなぜか売っていない電気ケトルですが、似たような商品はたくさんあります。

温度を指定して沸かせる電気ケトルなんかもあるようです!

3.手動ミル:TIMEMORE 栗子C2 MAX

「スペシャルティコーヒー」を知ってからは、豆を挽いてコーヒーを淹れるようになりました。

淹れる直前に挽くことでコーヒー豆が酸化して風味が変化するのを防げるとか。

ミルで挽くと同時に豆の香りがひろがるのも良いですね。

TIMEMORE というメーカーのミルは軽い力ですぐ豆を挽くことができるのでとてもおすすめです。

4.ドリッパー:ハリオV60

ドリップコーヒーに必須なドリッパー。

コーヒー界隈では定番商品ですが、ハリオ というメーカーのV60というドリッパーがおすすめです。

定番だけに笑

同じV60でもプラスチックやガラス、陶器など、色んな素材があるようです。

プラスチックモデルはめっちゃ安いです。

定番だけに、とりあえずはこれ買っておけばOK。笑

5.フレンチプレス:BODUM CHAMBORD

ドリップコーヒーに飽きる日が、いつかはきます。

そんな時におすすめしたい、フレンチプレス。

コーヒーの抽出方法って色々ありますが、ドリップとフレンチプレスが2大勢力と言って良いでしょう。

粉とお湯を容器に入れて待つだけなので、実はドリップより簡単で安定した味を楽しめる抽出方法です!

豆の味がそのままはっきり抽出されるので、豆の味を楽しむには一番かも知れません。

この器具、なんかオシャレですよね笑

インテリアにも良いです。

コーヒーの楽しみ方は無限大

コーヒー。そして、コーヒー器具。

ハマるとその沼は深いです。

まぁでも、豆の種類だったり、淹れ方だったり、カップだったり、

色んな楽しみ方ができるのがコーヒーの良いところですよね〜。

皆さんもぜひ、

お気に入りのコーヒー・コーヒー器具で最高のリラックスタイムを♪

シェアする

フォローする