ユニクロの年末・年始セール、どっちが買いなのか?【2019歳末-2020初売り】

シェアする

12月後半、今年もユニクロの年末年始セールを待つ時期がやってきた。

ユニクラーの諸君には言わずもがなだとは思うが、ユニクロの年末年始セールは最大級に値下げされる、参加必須のセールである。

今や日本中に広まった最強インナー、ヒートテックは特に見逃せない。

2ヶ月前にユニクロセーターの記事を書いたが、12月に入って真冬が到来した今、買うべきは薄手のセーターではなく、あったかいインナーである。

次のシーズンにまわすためにも、ぜひともこの時期に買い足しておきたいものだ。

今回は、そんなユニクロ年末年始セールについてのお話。

開催時期やおすすめ商品、値下げ幅の違いなどを紹介しようと思う。

年末と年始、どちらのセールがお得なのか気になる人はぜひ参考にしていただきたい。

開催時期

昨年の開催時期はこんな感じ。

  • 年末セール
    • 12/21〜12/31
  • 年始セール(初売り)
    • 1/1〜1/4

だいたい年末はクリスマス前後から大晦日までの一週間、初売りは元旦から3〜4日くらいがセール期間と思っていただければ間違いはないはず。

ただ、ショッピングモールなど施設の中にあるユニクロ店舗だと、元旦から営業するかはその施設次第なので注意が必要。

年末と初売り、どちらも数多くのアイテムが一気に値下げされるが、値下げ幅としては初売りの方が大きい印象だ。(これについては後ほど)

おすすめの商品

では。

ユニクロの年末年始のセールで値下げされるであろう商品の中から、僕が思うおすすめのものを3つ紹介する。

1. ヒートテック

出典:ユニクロ

寒さ厳しい日本の冬の必需品、ヒートテック。

ヒートテック、極暖ヒートテック、超極暖ヒートテックと、厚さ(暖かさ)別に3種類ある。

そして、それぞれでクルーネック、Vネック(超極暖はない)、タートルネック、タイツがあったりと、種類が豊富だ。

色は基本的に、白、黒、グレー、ネイビーなど。

これら全種類のヒートテックが、例年少なくとも年末か年始のどちらかでは値引きされる。

2. カシミヤセーター

出典:ユニクロ

最高級の素材であるカシミヤを使ったセーター。

定価が高いこともあり、年末年始セールでは大幅に値下げされる。

特に、初売りセールでは1人1点限りで半額セールが行われるのが例年行事だ。

エクストラファインメリノも良いが、それよりもさらに高品質のセーターが欲しいという方は、ぜひともこの機会を利用しよう。

エクストラファインメリノ↑

3. ボアパーカー

出典:ユニクロ

こちらの商品。

通常2,990円のところ、最安で1,290円になる。のを見たことがある。

なんと半額以下だ。

人気商品であり、これだけ値引きされると早めに店舗に行かない限り売り切れてしまうので注意が必要である。

お目当ての人は、セールが始まり次第ダッシュで買いに行こう。

部屋着として使うも良し、ちょっとしたお出かけ用に着るも良し。これからの季節、まだまだ活躍してくれるアイテムだ。

値下げ幅の違い

年末と初売りでは、微妙に値下げ幅が変わってくる。

では、どっちがより安くなるのか。

近年の実例を見てみると、

・ヒートテック(定価990円):年末790円→初売り690円。

・極暖ヒートテック(定価1,500円):年末1,290円→初売り990円。

・カシミヤセーター(定価9,990円):年末7,990円→初売り4,990

……ってな感じ。

このように、年末と年始でどちらも値引きはされるんだけど、初売りの方がより値下げ幅は大きいという傾向がある。

中でも、初売りセールでは上記のカシミヤセーターのような半額になる商品もいくつかあるので、年末に早まって買ってしまわないよう気をつけたいところ。

ただ、「年末ではセール対象だったのに、初売りでは対象じゃなかった!」なんてアイテムもあるので、どうしても欲しいものは年末に買ってしまっても良いかも。

※正直なところ、アイテムによるとしか言えない。

年末セールの対象になっている商品から、初売りでセールになるであろう商品を予測することで、買い急ぎ・買い遅れのない賢い買い物をしよう!

まとめ

今回は、ユニクロの年末年始セールについて、開催時期、おすすめ商品、値下げ幅の違いの3つを紹介した。

最後になるが、ユニクロのセール情報をより詳しく知るためには、やはりユニクロアプリが便利である。

ぜひインストールし、万全の情報収集をしてから、セールに参加して欲しい。

以上、大学生ユニクラーからの年末年始セール紹介であった。

シェアする

フォローする