大学2年で成績GPA4.0を取ったやつが、1年では単位落としていた話

シェアする

こんにちは。

前回のブログでは、僕が大学2年で通年成績GPA4.0を取った経験をもとに、大学で好成績を取る方法について紹介しました。

大学で成績GPA4.0をとる上で重要なことを、僕が勝手に1〜5までのランキングにしたので、それぞれを解説していきます。

今回は、そんな僕が、実は1年では単位を落としていたという話です。

どうでもいい話かもしれません。暇な人だけ読んでください。

単位を落とした経緯

さっそく僕がどうやって単位を落としたのかを説明しますね。

………………と、思いましたが………、

やっぱりやめます。

2年も前のことなんで。

詳細に思い出せません。

今その時のことを頑張って思い出しても、たぶん3行くらいで終わってしまいます。

だってそうですよね?

あなたは、2年も前のことを詳細に思い出せますか?

それをブログの1つの記事にする程の文量で書けますか?

無理ですよね。

僕も無理です。

と、いうことで。

まことに申し訳ございません。

今回のブログは以上とさせていただきます。

では。

スポンサーリンク

まとめ

今回も最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

今後のジャーナログも、よろしく!

ごめんなさい。

調子に乗りました。

うそです。

さすがの僕も、こんな内容で1つの記事にしようなんて思いません。

でも、2年前のことをよく思い出せないというのは本音です。

では、どうするのかというと・・・、

日記です。

僕自身の日記を利用します。

前の記事で、僕には日記を書く習慣があることを話しました↓

僕がこのブログを始めた3つの理由について話します。

・・・実は、単位を落としたその日も、僕は日記を書いていたのです。

まぁ、正しく言うと、単位を落とすのを確信した日ですね。

今でも、その日が最悪の一日だったことだけは記憶しています。

単位を落としたその日の日記

ではでは、約2年前の2017年8月2日、僕の人生最悪の日とも言えるその日に、僕が書いた日記です。

※個人情報保護と読みやすくするため、一部変更しています。


8/2 (水)

重大なアホなミスをしてしまった。

今日は春学期での最後の定期試験(○○経済学)である。

ほかのテストと同じように、いつも通りの授業の時限(2限)にテストを受ける・・・・・・つもりだった。

前のテストがあった日から5日間空いたため、十分に勉強をして臨める・・・・・・予定だった。

昨夜の勉強も頑張り、「今日は万全で臨めるぞ」と思いながら電車に乗る自分がいた。

しかし、その状態は、(同じテストを受ける友達の)N君からの「どこや」というライン通知で一変する。

9時5分、そのラインを目にした瞬間、体が固まった。頭の中に「?」が浮かぶと共に、少しの恐怖を覚えた。

「ちょっと待て、2限のテストなのに9時5分で『どこや』は早すぎる。N君が間違っているのか・・・・・・いや・・・。」

頭の中を高速で思考が走り、すぐさま定期試験の時間割を見直した。

見直す直前に、「もしかして・・・」といういやな想像が浮かび、そしてそれは見事的中した。

時間割には、○○経済学のテストが1限にあることが示されていた。

「ああぁ、やってしまった・・・・・・。」

この時の絶望感、半端ない。

そして、ここから(大学の最寄り駅である)○○駅に着くまでの間、私は今できるあらゆる対処法をスマホで検索し、考える。

試験開始後30分が経つと受験不可。追試に必要なのは電車が遅れた時の遅延証明書、または体調不良時の医者の診断書。うその遅延証明書はばれないか。それがばれた時はどうか。正直に自分のミスを伝えたら教授は試験を受けさせてくれるのか。今すぐ大学に連絡したほうが良いのか、してもこの理由だとダメなのか。もしかしたら試験開始後30分までに着けるか、いや、着けない・・・・・・。

本当に色々なことを考えた。

※画像はイメージです

自分、春学期の最後に何やってんだろうなぁ。なんか自分らしくないなぁ。教室に途中で入るの嫌だなぁ。逆の立場なら、自分のこと笑うだろうなぁ。友達にどう言おうかなぁ・・・・・・。

余計なことまで考えてしまう。

結局、うその遅延証明がばれるのが怖く、正直に言うことに決めた。

学校についたのはテスト開始45分後。

友達含む皆が試験を受けている教室の中を突っ切っていき、試験管に自分の勘違いにより遅れてしまったことを伝えた。

試験管:「いや、それはもう開始から30分以上経ってしまっているので・・・、はい。」

一応覚悟していた言葉だったが、さすがにショックだった。

「そりゃそうだよな。自分が悪いんだから、これでいい・・・・・・、これでいい・・・。」と、自分に言い聞かせた。

自分が犯したミスのアホさと重大さに衝撃を受け、しばらく大学内の敷地をさまよっていた。

テスト終了の時間になり、N君から「大丈夫か?」とのラインがきて、まだ可能性はあるかもしれないと思い、再び教室へ向かった。

そこはテスト後の学生でごった返していて、嫌だな、と思ったが、N君を含む同じクラスの友達を見つけたので、恥ずかしながらも、遅れた理由を話した。

「事務課言った?一回事務課には行ってみたほうがいいよ。」と言われたので、事務課に相談してみたが、やはり遅刻理由がダメ。

はい、わかりました。自分のミスです。自業自得です。反省します。

これで諦めがついた。

今後二度とこんな過ちを犯さぬよう、気を付けよう。

そして、いつの日か時間が経ち、このことを笑い話にできる日が来ますように。


まぁ、こんな感じですね。はい。

ちなみに。

↑本物の日記↑

1枚目の黒のぐちゃぐちゃは、別の日の関係ない日記なので消しました。気にしないでください。

だいたいB5のノートに1ページと半分くらい書いてます。かなり、文量的には書いている方ですね。普段こんなに書くことはめったにないです。

はい。

一言で言っちゃうと、テストがある時限を確認し忘れて、開始時間に間に合わず、テストも受けられず、単位を落とした。

ただ、それだけ。

だが、それだけに。

当時は相当なショックだった。

いやぁ、ほんっとに。

こんなバカなこと誰がするかって。思ってましたよ。自分がそれをする前までは!

本当にもったいない。

まとめ

はい、今回はこんな感じで、僕が実際に過去に書いた日記を紹介する形で、記事にしてみました。

この日記を書いたときは、まさか2年後に自分がブログでそれを公開するなんて、思ってもみませんでした。

この日記を読んで、誰かしら笑ってくれた人がいたのなら、僕はそれでいいです。

最後に! 今回、あなたに(特に大学1年生に)伝えたいことは、

  • 定期試験の時限を勘違いするな!
  • そのために、定期試験期間の時間割をよーく確認しろ!
  • そして、大学の教授は甘くない!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク